読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年の功より亀の甲

カメがプログラミングとか技術系について書くブログです。

kintoneのCSVアプリ作成機能を使って、経歴更新アプリを作ってみたよ。

前回から、こんにちは。
鈴江です。

前回の接骨院記録アプリに続いてkintoneシリーズ第2弾となります。

今回作るアプリ

僕が過去にかかわった案件の技術経歴について記録するアプリケーション

動機

凄い、古いサイトで運営していたけど、サイトをリニューアルして
経歴は別管理にしようと考えているため

軽い仕様
下記の内容を時系列で管理できるようにしておくこと
開始日、終了日、案件の概要、作成した時の技術内容


作成開始 (/・ω・)/

トップ画面で「すべてのアプリ」の横にある作成ボタンをクリックします。

f:id:sakuriver:20150418230117p:plain



作成ボタンをクリックすると、kintoneアプリの作り方を選択する、メニューのダイアログが出てきます。
今回は、「Excel/CSVから選ぶ」を選択して作成してみたよ。

f:id:sakuriver:20150418230154p:plain


作成元になるCSVを読み込む画面が出てくるので、事前に作成をした経歴データのCSVファイルをアップするために、参照ボタンをクリックします。

f:id:sakuriver:20150418230211p:plain

CSVが正しく読み込まれているのを、内容を確認します。
*1行目が項目名にデフォルトは設定されるので、CSVを作成するときは2行目から実際のデータを入力するようにしましょう。

f:id:sakuriver:20150418230300p:plain


内容を編集したら、作成ボタンをクリックするとアプリが追加されました。

f:id:sakuriver:20150418230324p:plain

せっかく、作成したアプリなのでさっそく、クリックしてみると技術経歴管理アプリ
が表示されます。

f:id:sakuriver:20150418230338p:plain

今回は、見事にCSVをインポートするだけで一覧表示と追加ができるアプリケーション
が完成してしまいました \(゜ロ\)(/ロ゜)/


kintoneの恩恵が凄すぎて1行もコードを描いていないですが次回は、いよいよプログラミング
に挑戦してみるのでどうぞお楽しみに。(=゚ω゚)ノ